レンタカーのカラーリング!安全な運転に最適な色は?

レンタカーだけでなく、自動車のカラーリングそのものに関する基礎知識を案内しています。事故が起きやすいカラーリング、また、カラーリングによって発生する感情の違いなど、豆知識も含めてカラーの案内を行わせていただきました。

白を基調としたほうが良い

車の事故率についてですが、レンタカーであっても、観光で使用するレンタカーは白を基調としたほうが良いでしょう。

その理由ですが、夜間走行時も良く見えるからです。色合いが濃いものほど、あまり夜間走行時に光らないことが多く、視認性において良くないとされています。

また、白の場合は汚れ、傷などが目立たないため、精神衛生上も良いカラーと言われることが多いです。このようなカラーリングによる気分の変化は、白だけでなく、黄色、緑などでも体験することができます。

とりあえずレンタカーを借りてみようと考えている場合、このようなカラーリングにもこだわって、観光をエンジョイしてみるのも良いでしょう。

黒、派手なカラーは良くない

白色に関する案内を行いましたが、自動車事故などを避けて車を運転したい場合は、黒など暗いカラーリングは避けたほうが良いでしょう。

実は、白、黒についてカラーリングの原理が明らかになっているわけではありません。しかし、自動車事故の統計では、白色より黒色の車のほうが、レンタカーであっても事故率が高いという統計があるのです。

黒は、夜間走行時の視認性が低いだけでなく、なんとなく距離感がズレてしまう要因があるのかもしれません。また、このようなことに配慮して、あえて明るいカラーリングのレンタカーを、多く取り揃えているレンタカー会社も多く存在します。

後、黒だけでなく派手なカラーリングも避けたほうが良いでしょう。その理由ですが、夏など日照時間が長い季節の場合、ボンネットなどが熱くなりやすく、その影響でクーラーの効き目が落ちやすくなるからです。

車の中が中々冷えないため、その影響で熱中症にかかってしまう人もおられます。

マニュアルのレンタカー!レンタカー会社で借りられる?

マニュアルのレンタカーは存在すると言われていますが、こればかりはレンタカー会社次第です。そのため、存在すると噂されているだけで、まったくマニュアルのレンタカーが見つからないケース、予約が取れないこともあります。

割合は9:1と思ったほうが良い

そもそもマニュアルのレンタカーは、オートマのレンタカーの半分以下しか置かれていません。

その理由ですが、現代の車社会は、ほとんどオートマのみでコントロールされているからです。例えば、ナビゲーションシステムに行き先を登録すると、自動で運転を代行する機能も存在しますし、セーフティーサポートを受ける際に、マニュアルでは都合が悪いこともあります。

また、マニュアルの場合は点検にかかる時間が長いため、多くの台数を保有していると、オートマと比較して、車両そのものを効率良く販売できない、レンタルできないという問題も発生するのです。このような背景があるため、大量のマニュアル車をレンタルしているケースは稀です。

免許証の提出を求められる

マニュアル車は、オートマの免許では運転できません。

逆に、オートマの車はマニュアルの免許で運転できるようになっています。実際に、レンタカー会社でレンタカーの予約を入れると、デフォルトがオートマ車のレンタルとなっているのです。

それほど、今ではマニュアル車に乗る人が減ってきました。また、オートマ車のレンタルであれば、素早く免許証などを確認して、後は車の手配がかかるだけとなっています。

しかし、マニュアル車の場合は運転免許証の確認に時間がかかり、また、最近までマニュアル車の運転をされていたかなど、運転スキルに関する連絡、質問を受けることもあるのです。もし、観光地で落ち着いて自動車をレンタルし、気分良く車を運転したい場合は、無理にマニュアル車にこだわる必要は無いでしょう。

人によっては、マニュアル車に固執してしまい、複数の店舗で自分好みの車種を探す人までいますが、お目当ての車が見つからないことも多いので、オートマ車で妥協するのも無難かと存じます。

どこまで借りられる?レンタカーの種類は?

レンタカーの中には、外車、高級車、スポーツカーも含まれます。これは人気のレンタカー会社だけでなく、観光地のレンタカー会社でもほぼ同じなので、今回は、そんな特殊なレンタカーの種類、料金について案内させていただきます。

外車、高級車も借りられる

外車、高級車というと、リムジン、もしくはベンツクラスの車種を想像される人もおられますが、こちらもレンタカーの種類として登録されています。

また、ネットなどでレンタカーを調べてみても、リムジン、ベンツクラスの情報はほとんど出てこないため、このようなサービスが本当に存在するのか、そのことがハッキリとわからないという人もおられるでしょう。また、正確にはレンタカーであって、実はレンタカーではないのです。

例えば、観光地に着いた時の送迎用として、レンタカーを用意してもらうサービスがあり、運転手付きで前述の高級車が手配されるだけです。

そのため、高級なホテルに泊まることが前提であったり、もしくは、ツアー会社が高級車を手配するプランを用意していないと、個人の申し込みでは対応不可になることが多いです。なので、高級車、スポーツカーに関するレンタカーの情報は少なく、具体的な料金は不明ということが多いのです。

高級車の料金設定

レンタカーとして高級車を借りる場合は、最低でも30万円は超えると思っておいたほうが良いです。

観光のついでで高級車を運転する場合も、高額の保険に加入していないと運転できないことが多く、料金は100〜500万円が多いと思っておいたほうが良いでしょう。ちなみに、世界の名だたる名車、スポーツカーをレンタルする場合は、どのような目的であっても1000万円を超えることが多いです。

ただ、これほどの規模でサービスを行っているレンタカー会社が少ないため、一部の人しか、このようなレンタカーの情報を知らないというのが現実です。また、決済方法についてもクレジットカード決済など、一部の決済方法しか認められないようになっています。

JAFロードサービス!今ではレンタカーの加入も増えている

レンタカーを借りてみると、車体の前方、もしくはドア付近に、JAFロードサービスのシールが貼られていることもあります。JAFロードサービスは、走行に関するトラブル対応をしてくれるサービスなので、レンタカーを借りる際は、このようなサービスに加入しているかもチェックしたほうが良いです。

JAFロードサービスの内容

人によっては、観光地などでレンタカーを借りる以外では、まったく自動車を運転しない、もしくは所有されていない人もいます。

そのような人は、レンタカーに存在するサービスを正確に知らないこともあるのですが、長くレンタカーを借りる際は、なるべくJAFロードサービスなどのサービスを理解し、自動車の運転を行ったほうが賢明です。JAFロードサービスとは、キー閉じ込め、電気系統の故障、もしくは車両のトラブル(走行不能など)に対応している自動車サービス会社のことです。

これらの問題が起きた時、JAFロードサービスに加入している場合は、格安の料金でキー閉じ込めなどの問題を解決できます。

ですが、JAFロードサービスに加入していない場合は、相場通りの料金となり、前述のキー閉じ込めであっても、5000〜7000円ほどの料金がかかることもあるので注意してください。

その他のサービス

自動車が自走不能になった場合、JAFロードサービスに加入しているレンタカーであれば、自走不能になった車両をレッカー車で運んでくれます。

また、指定の工場まで車両を運んでくれるだけでなく、事故などのトラブルについてもサポートしてくれるのです。例えば、衝突事故を起こしてしまった時などは、代わりに相手と話をしてくれる、まとめてくれるなど、精神的に助かるサービスも充実しています。

さらに、タイヤのパンク、バーストといった、車両特有の問題についても、現場に駆けつけてきた際にまとめて対応してくれます。これらのサービスがセットになっているのですが、レンタカー会社によっては加入していないこともあります。