点検整備のトラブル!レンタカーで起きるトラブルと対処法

自動車には、整備不良というトラブルも存在するのですが、この問題は、レンタカーを借りている時に起きることもあります。ですが、契約者が起こした問題ではないため、正確な対処を行えるように学ばれていると、スムーズに新しいレンタカーを用意してもらえますし、その後の観光も楽しめるようになります。

整備不良はレンタカー会社の責任

ほぼ起きないトラブルの1つですが、観光地などでレンタカーを借りる場合は、整備不良のトラブルが起きることも懸念しておくと良いでしょう。

ただ、このようなトラブルが起きた際は、レンタカー会社に連絡を入れるだけで問題ありません。レッカー車の手配、新しいレンタカーの用意に関しては、レンタカー会社のほうですべて行ってくれますし、早ければ30〜60分ほどで対応を終えてくれることもあります。

観光地などでこのようなトラブルに遭遇すると、トラブルがきっかけになってレンタカー会社と口論になる人もいます。ですが、サービス内容に整備不良などのトラブル、そしてトラブルの対処に関する案内も多いため、事前にこちらの確認を行っていると、このような問題もスムーズに切り抜けることが可能となります。

慌てず落ち着いた対応が必要

人にもよりますが、急にレンタカーが動かなくなると、自分の運転ミスで壊してしまったと焦る人もいます。

ですが、キーを挿し込んでも車が動かない、アクセル、ブレーキの反応がおかしいという時は、自走しないで路側帯に駐車するようにしてください。というのも、本格的に故障が酷い状況になると、路側帯に移動することそのものが困難となり、道を塞いでしまうこともあるからです。

このようなトラブルは、自分以外の道路を利用している人たちにとって迷惑ですし、自分で考えて行動するのではなく、レンタカー会社に電話連絡を入れて、どのように対処すべきか、そのアドバイスを受けるようにしましょう。また、このようなトラブルが起きたとしても、追加で修理料金などを徴収されるケースは稀です。

借りられない車種!レンタカーに関する規制

近年では、レンタカー業界が賑わっています。日本人だけでなく、外国人も日本に観光目的で訪れることが増えているため、このような状況となっているのですが、レンタカーの中には、借りられない車種と法律で決まっているものもあるので、なんでも借りられると定まっているわけではありません。

トラック、マイクロバスはNG

マイクロバスなどをレンタカーとして借りる行為を、白バス行為と言うのですが、白バス行為は規制がかかっておりますので、今では、マイクロバスなど大型車両を借りることができなくなりました。

稀に、観光のためにマイクロバスを自前で借りる人もおられますが、こちらはリース会社を通じて借りているだけで、レンタカー会社を通じて借りているわけではありません。なぜ、このような規制が存在するのかというと、大型車両を動かす際は大型車両用の自動車運転免許が必要だからです。

レンタカー会社は乗り物を貸す業者なので、運転免許に関する問題を起こさないように、専門的な車両を貸し出すことが無くなりました。

バイクもレンタカーとして借りられない

レンタカーでバイクを借りて、島内を巡るといったブログが今では多く存在します。

そのため、このような情報をそのまま理解してしまい、レンタカーは昔に比べると、手広く色々な車両を貸し出すようになったと、このような勘違いをされる人もいます。ですが、自動車はレンタカーで借りられるのですが、バイクはレンタカーでは借りられません。

というのも、対応しているかどうかは業者によって違うからです。先ほどの島内の観光に対応しているレンタカーは、レンタカー会社のすぐそばに、他の車両用のレンタル会社を備えていることがあるため、バイクはバイクで貸し出しているというだけなのです。

なので、観光でレンタル用のバイクを用いたい場合は、専門の業者を通じてバイクを借りるようにしましょう。ちなみに、小型のバイクは少ないため、そのことも踏まえて利用したほうが良いです。

割引サービスの基礎知識!需要が高いほどレンタカー料金は高くなる

レンタカーの割引サービスについて案内しています。また、割引サービスが効いていても、レンタカーの料金が高いということがありますので、なぜこのようなサービスが存在するのか、料金はなにが決め手になっているのかも案内させていただきました。

お盆など定まった期間は安くならない

レンタカーの割引サービスの中には、5%未満の割引しか効かないこともあります。

そのため、ほとんど割引サービスを利用している実感を得られないケース、もしくは、なぜ他の車種よりサービス内容がシビアなのか、そのことがわかりづらいケースも存在します。このようなサービスが存在する理由ですが、それは、お盆など長期休暇が可能な時期になると、レンタカーの利用者が一気に増えるからです。

元々、レンタカーは季節によって利用者が急増、急減するため、減ってしまう分を補う目的で、割引サービスの導入を盛んにしているだけです。つまり、すでに利用者が多い場合は、割引サービスそのものが実施されていないこともあります。

冬と比較すると、夏のほうがレンタカーの利用者が多くなりやすいため、夏場は、割引サービスを意識するより、スムーズに借りられるかを確認したほうが良いでしょう。

需要が高いほど料金が上がる

ハイブリッド車、もしくは、最新の車種に関しては予約が一杯という状況になりやすいです。

なので、割引サービスありでも1日間で15000〜20000円というケースも多く、観光で利用するレンタカーとしては、料金も含めて最適ではないと判断したほうが良いでしょう。特にハイブリッド車の人気は年々増加傾向にあります。

ハイブリッド車の場合、エコの面で優れているだけでなく、ガソリン代があまりかからない、ガソリンの補給を行う必要性がほとんど無いという魅力があるため、日本人より、外国人から好かれている傾向にあるのです。

そのため、ハイブリッド車によっては、1ヶ月間も予約が空かないこともあります。

駅レンタカーの利点!通常のレンタカー会社との違いは?

レンタカーは、レンタカー会社のみが取り扱っているわけではありません。近年では、駅レンタカーと言われている、JRの子会社が自動車をレンタルするサービスもありますし、リース会社がレンタカーの販売を行うケースも増えてきました。

駅レンタカーの利点

駅レンタカーは、レンタカーを借りられるだけでなく、JRの切符と一緒に予約、購入できるという利点があります。

観光目的で、遠くまで移動する必要がある場合、自動車で遠距離を走行するのが困難なケースもあるので、人によっては、観光地手前までJR(電車)、その後は、レンタカーで移動という人もいます。ですが、レンタカーは予約を入れないと、借りられないこともあるため、レンタカーを借りることに抵抗がある人もおられるのです。

駅レンタカーの場合、切符、レンタカーがセットとなるため、このような手間を省くことが可能です。そのため、観光目的で移動される人の中には、駅レンタカーを良く利用される人もおられるのです。

レンタカー会社との違い

大きな違いは料金でしょう。駅レンタカーは、相場より価格が安く設定されているため、レンタカー会社よりも駅レンタカーが良いという人も多いです。

ただし、駅レンタカーはJRの子会社として運営されているため、通常のレンタカー会社よりも、貸し出せる車両が少ないこともあります。今では、レンタカーそのものの人気も上がっているので、早めに予約を済ませていない場合は、借りられないこともあることを理解しておきましょう。

また、駅レンタカーは駅のそばに隣接しているため、駅からの移動距離が短いです。地味かもしれませんが、このようなところに魅力を感じて、駅レンタカーを利用される人もおられます。

ただ、近年では駅レンタカーの人気を考慮して、あえて、駅周辺にレンタカー会社を設けるケースが増えてきました。そのため、それほど大きな利点ではないと言えるのですが、今でも、地方ではこのような利点を意識して、駅レンタカーを利用する人がいるという事実も存在します。

意外なルール!レンタカーを借りる際のマナー

レンタカーと言うと、借りる側はそこまで対応が面倒ではないと、そう思われることが良くあります。ですが、借りる側にもマナーを要求されるので、基本的なマナーを知らないでいると、借りることが難しくなるだけでなく、返す際にトラブルが起きてしまうこともあるのです。

レンタカーのキャンセル料金

レンタカーの料金を確認してみるとわかりますが、料金欄のすぐ近くにレンタカーを借りる際の注意点が掲載されています。

その中には、オプション料金、キャンセル料金の案内も掲載されているので、レンタカーの予約を入れる前に、こちらをしっかりと確認しておいたほうが良いでしょう。というのも、オプション料金だけでなく、キャンセル料金が高いこともあるからです。

ちなみに、どんなケースでもキャンセル料金が発生するわけではありません。借りる日の数日前までにキャンセルの連絡を入れている場合、キャンセル料金がかからないこともあります。

このように、借りる側にとって重要な事実もあるので、借りる際の注意点も知っておいたほうが良いのです。

その他のマナー

レンタカーの返却方法ですが、よほどのことがない限りはそのまま返すだけで問題ありません。

ですが、ガソリンを入れて返す必要があるケース、返す場所が指定されているケースもあるので、このようなケースは該当するのか、レンタカーの予約を入れる前に聞いておきましょう。近年では、レンタカーの需要が上がってきているため、指定の場所まで取りに来てくれるサービスも増えてきました。

レンタカー会社によっては、これほどのサービスを実施しているところもあるので、事前にこのようなマナーを学習しておいたほうが良いのです。

ちなみに、ガソリンを入れて返す必要があるケースの中には、満タンにして返さないといけないこともあります。このような面倒がレンタカーにはあるので、どこでレンタカーを借りても同じと思っていると、金銭、精神上のトラブルを招く恐れがあるのです。

レンタカー会社、リース会社の違い

レンタカー会社は、リース会社と同じようなサービスを提供している、そのように勘違いされることが良くあります。なので、今回はレンタカー、リースの意味合いが、具体的にどのように違っているのかを案内させていただきます。

レンタカー会社の特徴

レンタカー会社には、以下のような特徴があります。

まず、1日、もしくは○時間という、限定的な時間に対してレンタカーを貸し出しているだけなので、長期間の貸し出しに対応していないことが多いです。そのため、長期間の貸し出しが望みの場合は、プランという形で、レンタカーの利用を申し込まないといけません。

ただ、元々は1日単位で貸し付けていることが多いため、長期間の貸し出しに対応しているリース会社と比較すると、それほど料金が安くなることはありません。

リース会社の特徴

リース会社の特徴ですが、レンタカー会社のように個人を相手にしているわけではなく、団体、もしくは企業を相手にしていることが多いです。

後、レンタカー会社のように、定まった車種のみ販売可能ではなく、手広く車のリースを行っても良いという仕組みになっています。例えば、工事現場で使用するトラック、作業機械、さらにバスのような大型車両さえも、リース会社であれば取り扱っても問題ないのです。

リース会社というと、営業車両ばかりを販売しているイメージがあるため、このようなサービスが存在することに驚かれる人もいます。

後、近年では30日間、もしくは180日間といった、長期間のリースに取り組んでいる業者が増えてきました。リースの良いところは、気に入った車両をお買い上げしても問題ないところです。

お買い上げが前提のプランもあれば、好きなタイミングでリース後にお買い上げしても良いサービスがあり、このようなプランを知って、レンタカーを利用する目的ではなく、リース目的で車を利用される人も増えています。また、観光地で使用できるファミリーカーなど、クラス別の車種を用意しているのも大きな特徴でしょう。

レンタカーを借りている時の事故の対応

簡単に借りられるということで魅力的なレンタカーですが、実は記事で案内しているような事故であり、不測の事態に巻き込まれることがあります。なので、これからレンタカーを利用する予定がある人は、記事を読んで、不測の事態に備えるよう努力されておいたほうが良いでしょう。

保険があっても100%安全ではない

レンタカーは、レンタカー会社のほうで保険に加入しているため、事故が起きたとしても安全な対応が可能と言われていますが、実際は、それほど事故の対応がしっかりしているわけではありません。

レンタカー会社が謳っている安全のほとんどは、どのような形で責任を取らされるのか、そのことに尽きるのだと理解しておきましょう。

例えば、自動車事故を起こしてしまった場合、自分、相手を通じて、事故の原因が探られるようになるのですが、この時の連絡は、警察に対してレンタカーの契約者が行わないといけません。借りている間は、レンタカーは契約者の持ち物という扱いなのです。

このことを知らないでレンタカーの契約を組む人もいますが、レンタカー会社がすべての問題を責任として判断するわけではないので、先にこのことを理解しておきましょう。

事故の被害者になったケースでもトラブルが起きる

完全に事故の被害者であっても、100%なにかしらのトラブルが起きると思ったほうが良いでしょう。

これは観光地でレンタカーを借りた場合も同じです。というのも、事故後に警察へ連絡を入れる、任意保険の保険会社に連絡を入れる、そして、事故を起こした相手とも連絡を取らないといけないからです。

ちなみに、車両の損失分は保険、もしくは賠償責任という形で、事故を起こしたほうが支払うのですが、単身で事故を起こしてしまった時などは、レンタカーの契約者が修理代の請求に応じないといけません。保険は、どのような時でも適用されると思っていると、このようなトラブルに遭遇するので注意してください。

レンタカーを安く借りる方法

レンタカーの上手な借り方として、金銭的に得をする借り方をまとめて案内しています。また、大半の方が利用されている方法でもあるので、特別な条件を満たさないと、レンタカーを安く借りられないというわけではありません。

長期間で借りる

レンタカーは、長期間で借りるほどに割安になる仕組みになっています。

なので、1日ごとに借りるような借り方よりも、数日分の料金をまとめて先払いするようにして、レンタカーを借りたほうが損が少ないのです。ちなみに、割引サービス対象車というものもございます。

最近では、ファミリーカーだけでなく、クロカン車、ワゴン車の人気も上がってきました。レンタカー会社によって、割引対象の車種が違ってきますが、こちらを利用して特定の車種を借りるようにすると、10〜30%も料金が安くなることもあります。

また、始めてレンタカーを借りる申し込みをされる場合、ネットのみで予約を入れてくれるケースでも、レンタカー料金の割引がかかりやすいです。

レンタカー付き観光プランに申し込む

すでに観光地が決まっている場合ですが、観光プランと一緒にレンタカーも借りるようにしましょう。

例えば、ツアー会社で観光地の案内を受ける際に、レンタカーを利用する予定ですと伝えておくだけで問題ありません。すると、安くレンタカーを借りる方法として、ツアー中に利用できる施設の料金を、ツアー料金に加算する形で割引してもらえるのです。

個別でレンタカー会社を利用している場合、1日10000円というケースでは、1日9000円となったりしますので、プランと一緒にレンタカーを借りるようにしましょう。ただし、このようなサービスは、後になってキャンセルすることが難しいです。

キャンセル料金がかなり高いこともありますので、リスクが小さいサービスだと勘違いしないようにしましょう。また、小規模の観光であった場合、レンタカー会社が充実していないため、このようなサービスを利用できないこともあります。

レンタカーの魅力!カーシェアリングが利用可能

現代社会では、賃貸のシェアリングだけでなく、車もシェアリングできるようになっています。また、どのようなサービスなのか今ひとつわからないという人もいるので、今回は、カーシェアリングのサービス内容、メリット、デメリットの案内を行わせていただきます。

カーシェアリングのサービス内容

カーシェアリングでもそうですが、シェアというのは共有のことです。

そのため、レンタカーのカーシェアリングとは、1台のレンタカーを共有することを指します。また、レンタカーは個人でも借りられるという考えがあるため、シェアリングすることに意味はあるのかと考えてしまう人もおられるでしょう。

ですが、シェアリングすることで、お互いに1台の車を使い回せるようになりますし、料金を利用者数で割って支払えるため、経済的に大助かりというケースもあるでしょう。なにより、契約件数を1件に絞り込むことができますし、これは、観光地でレンタカーを借りる際も同じなのです。

そのため、今では仲の良い友達と車を借りる際に、わざわざレンタカーのカーシェアリングを申し込む人が増えてきました。

カーシェアリングのデメリット

メリットが多いとされているカーシェアリングですが、実は、以下のようなデメリットも存在します。

まず、カーシェアリングの人気は急上昇中なので、それほど予約を簡単に入れられるわけではありません。しかも、予約前提でレンタカーを借りるという条件があるため、誰かが借りるのをキャンセルした時点で、カーシェアリングの利点が弱まってしまいます。

観光地で借りる予定であった場合、不慮の事態となってしまいますし、観光そのものがつまらなくなってしまうこともあるでしょう。

なので、それほどレンタカー料金が高くないと感じる場合は、積極的にカーシェアリングを使わないほうが良いです。後、人気の車種は予約が取れづらいため、カーシェアリングでは、かなり前から予約を入れていないと、予約をキープすることが難しくなりやすいです。

レンタカーの契約、その後の扱い

レンタカーを借りる際は、レンタカー会社に対して借りる契約を交わさないといけません。しかし、契約内容を良く確認しないでいると、レンタカーを借りてしまった後にトラブルが起きてしまうこともあるので、今回は、具体的なトラブル内容について触れていこうと思います。

レンタカーの契約内容

レンタカーに関する勘違いの中には、契約を行っていると、自由にレンタカーを使うことができるという勘違いがあります。

ですが、契約を行っているのは車体に対してのみなので、細々としたサービスをレンタカー会社から受けられるわけではありません。例えば、自動車保険に関しては、自動車保険の契約先と電話連絡しないといけません。

自動車事故を起こしてしまった時など、間違ってレンタカー会社に何度も連絡を入れないようにしましょう。

レンタカー会社によって契約の内容が違う

予約を入れた時点で、レンタカーは借りる側のものになるのは事実です。

ですが、予約を入れている以上は、予約が取り消しにならないわけではないので注意してください。例えば、観光地でレンタカーを借りる際は、時間厳守になっていることを理解しておきましょう。

こちらはレンタカー会社によった対応が違います。融和な会社も存在すれば、かなり厳しい態度を取ってくる会社も存在するため、時間厳守の事実のみ知っておくと、観光地でも気分良くレンタカー会社と連絡を取れるでしょう。

なぜ、このような仕組みになっているのかというと、それは、借りる人が増えてきたからです。そのため、車両のチェックにかける時間を短くしないと、予約の時間にレンタカーを納車することが難しくなります。

すると、その次のお客様にも迷惑がかかるため、時間厳守にこだわっているレンタカー会社が多いのです。また、返す際も指定の場所に車を置いておかないといけません。

もしくは、レンタカー会社まで車を持っていく必要がありますので、このようなルールにも理解を深めておきましょう。