駅レンタカーの利点!通常のレンタカー会社との違いは?

レンタカーは、レンタカー会社のみが取り扱っているわけではありません。近年では、駅レンタカーと言われている、JRの子会社が自動車をレンタルするサービスもありますし、リース会社がレンタカーの販売を行うケースも増えてきました。

駅レンタカーの利点

駅レンタカーは、レンタカーを借りられるだけでなく、JRの切符と一緒に予約、購入できるという利点があります。

観光目的で、遠くまで移動する必要がある場合、自動車で遠距離を走行するのが困難なケースもあるので、人によっては、観光地手前までJR(電車)、その後は、レンタカーで移動という人もいます。ですが、レンタカーは予約を入れないと、借りられないこともあるため、レンタカーを借りることに抵抗がある人もおられるのです。

駅レンタカーの場合、切符、レンタカーがセットとなるため、このような手間を省くことが可能です。そのため、観光目的で移動される人の中には、駅レンタカーを良く利用される人もおられるのです。

レンタカー会社との違い

大きな違いは料金でしょう。駅レンタカーは、相場より価格が安く設定されているため、レンタカー会社よりも駅レンタカーが良いという人も多いです。

ただし、駅レンタカーはJRの子会社として運営されているため、通常のレンタカー会社よりも、貸し出せる車両が少ないこともあります。今では、レンタカーそのものの人気も上がっているので、早めに予約を済ませていない場合は、借りられないこともあることを理解しておきましょう。

また、駅レンタカーは駅のそばに隣接しているため、駅からの移動距離が短いです。地味かもしれませんが、このようなところに魅力を感じて、駅レンタカーを利用される人もおられます。

ただ、近年では駅レンタカーの人気を考慮して、あえて、駅周辺にレンタカー会社を設けるケースが増えてきました。そのため、それほど大きな利点ではないと言えるのですが、今でも、地方ではこのような利点を意識して、駅レンタカーを利用する人がいるという事実も存在します。