意外なルール!レンタカーを借りる際のマナー

レンタカーと言うと、借りる側はそこまで対応が面倒ではないと、そう思われることが良くあります。ですが、借りる側にもマナーを要求されるので、基本的なマナーを知らないでいると、借りることが難しくなるだけでなく、返す際にトラブルが起きてしまうこともあるのです。

レンタカーのキャンセル料金

レンタカーの料金を確認してみるとわかりますが、料金欄のすぐ近くにレンタカーを借りる際の注意点が掲載されています。

その中には、オプション料金、キャンセル料金の案内も掲載されているので、レンタカーの予約を入れる前に、こちらをしっかりと確認しておいたほうが良いでしょう。というのも、オプション料金だけでなく、キャンセル料金が高いこともあるからです。

ちなみに、どんなケースでもキャンセル料金が発生するわけではありません。借りる日の数日前までにキャンセルの連絡を入れている場合、キャンセル料金がかからないこともあります。

このように、借りる側にとって重要な事実もあるので、借りる際の注意点も知っておいたほうが良いのです。

その他のマナー

レンタカーの返却方法ですが、よほどのことがない限りはそのまま返すだけで問題ありません。

ですが、ガソリンを入れて返す必要があるケース、返す場所が指定されているケースもあるので、このようなケースは該当するのか、レンタカーの予約を入れる前に聞いておきましょう。近年では、レンタカーの需要が上がってきているため、指定の場所まで取りに来てくれるサービスも増えてきました。

レンタカー会社によっては、これほどのサービスを実施しているところもあるので、事前にこのようなマナーを学習しておいたほうが良いのです。

ちなみに、ガソリンを入れて返す必要があるケースの中には、満タンにして返さないといけないこともあります。このような面倒がレンタカーにはあるので、どこでレンタカーを借りても同じと思っていると、金銭、精神上のトラブルを招く恐れがあるのです。