JAFロードサービス!今ではレンタカーの加入も増えている

レンタカーを借りてみると、車体の前方、もしくはドア付近に、JAFロードサービスのシールが貼られていることもあります。JAFロードサービスは、走行に関するトラブル対応をしてくれるサービスなので、レンタカーを借りる際は、このようなサービスに加入しているかもチェックしたほうが良いです。

JAFロードサービスの内容

人によっては、観光地などでレンタカーを借りる以外では、まったく自動車を運転しない、もしくは所有されていない人もいます。

そのような人は、レンタカーに存在するサービスを正確に知らないこともあるのですが、長くレンタカーを借りる際は、なるべくJAFロードサービスなどのサービスを理解し、自動車の運転を行ったほうが賢明です。JAFロードサービスとは、キー閉じ込め、電気系統の故障、もしくは車両のトラブル(走行不能など)に対応している自動車サービス会社のことです。

これらの問題が起きた時、JAFロードサービスに加入している場合は、格安の料金でキー閉じ込めなどの問題を解決できます。

ですが、JAFロードサービスに加入していない場合は、相場通りの料金となり、前述のキー閉じ込めであっても、5000〜7000円ほどの料金がかかることもあるので注意してください。

その他のサービス

自動車が自走不能になった場合、JAFロードサービスに加入しているレンタカーであれば、自走不能になった車両をレッカー車で運んでくれます。

また、指定の工場まで車両を運んでくれるだけでなく、事故などのトラブルについてもサポートしてくれるのです。例えば、衝突事故を起こしてしまった時などは、代わりに相手と話をしてくれる、まとめてくれるなど、精神的に助かるサービスも充実しています。

さらに、タイヤのパンク、バーストといった、車両特有の問題についても、現場に駆けつけてきた際にまとめて対応してくれます。これらのサービスがセットになっているのですが、レンタカー会社によっては加入していないこともあります。