レンタカーの契約、その後の扱い

レンタカーを借りる際は、レンタカー会社に対して借りる契約を交わさないといけません。しかし、契約内容を良く確認しないでいると、レンタカーを借りてしまった後にトラブルが起きてしまうこともあるので、今回は、具体的なトラブル内容について触れていこうと思います。

レンタカーの契約内容

レンタカーに関する勘違いの中には、契約を行っていると、自由にレンタカーを使うことができるという勘違いがあります。

ですが、契約を行っているのは車体に対してのみなので、細々としたサービスをレンタカー会社から受けられるわけではありません。例えば、自動車保険に関しては、自動車保険の契約先と電話連絡しないといけません。

自動車事故を起こしてしまった時など、間違ってレンタカー会社に何度も連絡を入れないようにしましょう。

レンタカー会社によって契約の内容が違う

予約を入れた時点で、レンタカーは借りる側のものになるのは事実です。

ですが、予約を入れている以上は、予約が取り消しにならないわけではないので注意してください。例えば、観光地でレンタカーを借りる際は、時間厳守になっていることを理解しておきましょう。

こちらはレンタカー会社によった対応が違います。融和な会社も存在すれば、かなり厳しい態度を取ってくる会社も存在するため、時間厳守の事実のみ知っておくと、観光地でも気分良くレンタカー会社と連絡を取れるでしょう。

なぜ、このような仕組みになっているのかというと、それは、借りる人が増えてきたからです。そのため、車両のチェックにかける時間を短くしないと、予約の時間にレンタカーを納車することが難しくなります。

すると、その次のお客様にも迷惑がかかるため、時間厳守にこだわっているレンタカー会社が多いのです。また、返す際も指定の場所に車を置いておかないといけません。

もしくは、レンタカー会社まで車を持っていく必要がありますので、このようなルールにも理解を深めておきましょう。