レンタカーを借りている時の事故の対応

簡単に借りられるということで魅力的なレンタカーですが、実は記事で案内しているような事故であり、不測の事態に巻き込まれることがあります。なので、これからレンタカーを利用する予定がある人は、記事を読んで、不測の事態に備えるよう努力されておいたほうが良いでしょう。

保険があっても100%安全ではない

レンタカーは、レンタカー会社のほうで保険に加入しているため、事故が起きたとしても安全な対応が可能と言われていますが、実際は、それほど事故の対応がしっかりしているわけではありません。

レンタカー会社が謳っている安全のほとんどは、どのような形で責任を取らされるのか、そのことに尽きるのだと理解しておきましょう。

例えば、自動車事故を起こしてしまった場合、自分、相手を通じて、事故の原因が探られるようになるのですが、この時の連絡は、警察に対してレンタカーの契約者が行わないといけません。借りている間は、レンタカーは契約者の持ち物という扱いなのです。

このことを知らないでレンタカーの契約を組む人もいますが、レンタカー会社がすべての問題を責任として判断するわけではないので、先にこのことを理解しておきましょう。

事故の被害者になったケースでもトラブルが起きる

完全に事故の被害者であっても、100%なにかしらのトラブルが起きると思ったほうが良いでしょう。

これは観光地でレンタカーを借りた場合も同じです。というのも、事故後に警察へ連絡を入れる、任意保険の保険会社に連絡を入れる、そして、事故を起こした相手とも連絡を取らないといけないからです。

ちなみに、車両の損失分は保険、もしくは賠償責任という形で、事故を起こしたほうが支払うのですが、単身で事故を起こしてしまった時などは、レンタカーの契約者が修理代の請求に応じないといけません。保険は、どのような時でも適用されると思っていると、このようなトラブルに遭遇するので注意してください。