レンタカー会社、リース会社の違い

レンタカー会社は、リース会社と同じようなサービスを提供している、そのように勘違いされることが良くあります。なので、今回はレンタカー、リースの意味合いが、具体的にどのように違っているのかを案内させていただきます。

レンタカー会社の特徴

レンタカー会社には、以下のような特徴があります。

まず、1日、もしくは○時間という、限定的な時間に対してレンタカーを貸し出しているだけなので、長期間の貸し出しに対応していないことが多いです。そのため、長期間の貸し出しが望みの場合は、プランという形で、レンタカーの利用を申し込まないといけません。

ただ、元々は1日単位で貸し付けていることが多いため、長期間の貸し出しに対応しているリース会社と比較すると、それほど料金が安くなることはありません。

リース会社の特徴

リース会社の特徴ですが、レンタカー会社のように個人を相手にしているわけではなく、団体、もしくは企業を相手にしていることが多いです。

後、レンタカー会社のように、定まった車種のみ販売可能ではなく、手広く車のリースを行っても良いという仕組みになっています。例えば、工事現場で使用するトラック、作業機械、さらにバスのような大型車両さえも、リース会社であれば取り扱っても問題ないのです。

リース会社というと、営業車両ばかりを販売しているイメージがあるため、このようなサービスが存在することに驚かれる人もいます。

後、近年では30日間、もしくは180日間といった、長期間のリースに取り組んでいる業者が増えてきました。リースの良いところは、気に入った車両をお買い上げしても問題ないところです。

お買い上げが前提のプランもあれば、好きなタイミングでリース後にお買い上げしても良いサービスがあり、このようなプランを知って、レンタカーを利用する目的ではなく、リース目的で車を利用される人も増えています。また、観光地で使用できるファミリーカーなど、クラス別の車種を用意しているのも大きな特徴でしょう。