レンタカーの魅力!カーシェアリングが利用可能

現代社会では、賃貸のシェアリングだけでなく、車もシェアリングできるようになっています。また、どのようなサービスなのか今ひとつわからないという人もいるので、今回は、カーシェアリングのサービス内容、メリット、デメリットの案内を行わせていただきます。

カーシェアリングのサービス内容

カーシェアリングでもそうですが、シェアというのは共有のことです。

そのため、レンタカーのカーシェアリングとは、1台のレンタカーを共有することを指します。また、レンタカーは個人でも借りられるという考えがあるため、シェアリングすることに意味はあるのかと考えてしまう人もおられるでしょう。

ですが、シェアリングすることで、お互いに1台の車を使い回せるようになりますし、料金を利用者数で割って支払えるため、経済的に大助かりというケースもあるでしょう。なにより、契約件数を1件に絞り込むことができますし、これは、観光地でレンタカーを借りる際も同じなのです。

そのため、今では仲の良い友達と車を借りる際に、わざわざレンタカーのカーシェアリングを申し込む人が増えてきました。

カーシェアリングのデメリット

メリットが多いとされているカーシェアリングですが、実は、以下のようなデメリットも存在します。

まず、カーシェアリングの人気は急上昇中なので、それほど予約を簡単に入れられるわけではありません。しかも、予約前提でレンタカーを借りるという条件があるため、誰かが借りるのをキャンセルした時点で、カーシェアリングの利点が弱まってしまいます。

観光地で借りる予定であった場合、不慮の事態となってしまいますし、観光そのものがつまらなくなってしまうこともあるでしょう。

なので、それほどレンタカー料金が高くないと感じる場合は、積極的にカーシェアリングを使わないほうが良いです。後、人気の車種は予約が取れづらいため、カーシェアリングでは、かなり前から予約を入れていないと、予約をキープすることが難しくなりやすいです。