レンタカーのカラーリング!安全な運転に最適な色は?

レンタカーだけでなく、自動車のカラーリングそのものに関する基礎知識を案内しています。事故が起きやすいカラーリング、また、カラーリングによって発生する感情の違いなど、豆知識も含めてカラーの案内を行わせていただきました。

白を基調としたほうが良い

車の事故率についてですが、レンタカーであっても、観光で使用するレンタカーは白を基調としたほうが良いでしょう。

その理由ですが、夜間走行時も良く見えるからです。色合いが濃いものほど、あまり夜間走行時に光らないことが多く、視認性において良くないとされています。

また、白の場合は汚れ、傷などが目立たないため、精神衛生上も良いカラーと言われることが多いです。このようなカラーリングによる気分の変化は、白だけでなく、黄色、緑などでも体験することができます。

とりあえずレンタカーを借りてみようと考えている場合、このようなカラーリングにもこだわって、観光をエンジョイしてみるのも良いでしょう。

黒、派手なカラーは良くない

白色に関する案内を行いましたが、自動車事故などを避けて車を運転したい場合は、黒など暗いカラーリングは避けたほうが良いでしょう。

実は、白、黒についてカラーリングの原理が明らかになっているわけではありません。しかし、自動車事故の統計では、白色より黒色の車のほうが、レンタカーであっても事故率が高いという統計があるのです。

黒は、夜間走行時の視認性が低いだけでなく、なんとなく距離感がズレてしまう要因があるのかもしれません。また、このようなことに配慮して、あえて明るいカラーリングのレンタカーを、多く取り揃えているレンタカー会社も多く存在します。

後、黒だけでなく派手なカラーリングも避けたほうが良いでしょう。その理由ですが、夏など日照時間が長い季節の場合、ボンネットなどが熱くなりやすく、その影響でクーラーの効き目が落ちやすくなるからです。

車の中が中々冷えないため、その影響で熱中症にかかってしまう人もおられます。