点検整備のトラブル!レンタカーで起きるトラブルと対処法

自動車には、整備不良というトラブルも存在するのですが、この問題は、レンタカーを借りている時に起きることもあります。ですが、契約者が起こした問題ではないため、正確な対処を行えるように学ばれていると、スムーズに新しいレンタカーを用意してもらえますし、その後の観光も楽しめるようになります。

整備不良はレンタカー会社の責任

ほぼ起きないトラブルの1つですが、観光地などでレンタカーを借りる場合は、整備不良のトラブルが起きることも懸念しておくと良いでしょう。

ただ、このようなトラブルが起きた際は、レンタカー会社に連絡を入れるだけで問題ありません。レッカー車の手配、新しいレンタカーの用意に関しては、レンタカー会社のほうですべて行ってくれますし、早ければ30〜60分ほどで対応を終えてくれることもあります。

観光地などでこのようなトラブルに遭遇すると、トラブルがきっかけになってレンタカー会社と口論になる人もいます。ですが、サービス内容に整備不良などのトラブル、そしてトラブルの対処に関する案内も多いため、事前にこちらの確認を行っていると、このような問題もスムーズに切り抜けることが可能となります。

慌てず落ち着いた対応が必要

人にもよりますが、急にレンタカーが動かなくなると、自分の運転ミスで壊してしまったと焦る人もいます。

ですが、キーを挿し込んでも車が動かない、アクセル、ブレーキの反応がおかしいという時は、自走しないで路側帯に駐車するようにしてください。というのも、本格的に故障が酷い状況になると、路側帯に移動することそのものが困難となり、道を塞いでしまうこともあるからです。

このようなトラブルは、自分以外の道路を利用している人たちにとって迷惑ですし、自分で考えて行動するのではなく、レンタカー会社に電話連絡を入れて、どのように対処すべきか、そのアドバイスを受けるようにしましょう。また、このようなトラブルが起きたとしても、追加で修理料金などを徴収されるケースは稀です。